FC2ブログ

--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_09
21
(Mon)08:09

転載) 人質法制: 米国は即席日本国憲法が70年間罷り通ると思っていたのか?

635416541414245.png



明治時代以降の立憲君主制は近代日本の礎。

君主、国民それぞれが、地位上に憲法を遵守することによって維持される社会体系、つまり、民族主義に基づいた国体こそが、日本国家の源。

ところが、現憲法に日本民族の血は一滴たりとも流れていない。

この矛盾に目を背け続ける政体と、その支持層、法律的に過半数、実際的に30%の国民は、日本人足らざる、果たして何ものか?



1951年のサンフランシスコ講和条約によって、文言上、日本は主権を回復する。

しかし、
米軍は駐留を続け、米国支配が続いた。

駐留の目的は、疲弊した日本の安全保障。

にも拘らず、1952年の南鮮・竹島侵攻に米軍は動かない。

その後、今の今まで、在日米軍は、只の一度も軍事的機能を果たしていない。

何故か?

単に、
宿敵、支那・ロシアに睨みを効かせ、日本を防護壁に仕立てながら、安全をネタに日本人からタンマリ巻き上げる絵図なのか?

が、それは、現在のアジア情勢。

当初は違う。



支那の万里の長城が完成されなかった理由についての一つの仮説を読んだ。

万里の長城は外敵から領内を守るために建造が始められながら、計画が壮大過ぎて途中で立ち行かなくなった、というのが定説。

仮説は逆。

長城は、支那族の不良統治によって地域内で起こる反乱拡大、それに伴う集団逃亡を防ぐための内的防壁だったが、度重なる混乱の煽りで建造が頓挫した、というもの。


思うに、
米国は、1951年以降、むしろ日本国内の武力蜂起に備えて米軍を駐留させ続けたんじゃないのか?

そもそも、当時の支那・南鮮は、米国の敵じゃない。

だから南鮮は竹島を、まんまと、せしめた。

同じころ、尖閣を指を銜えて眺めていただけの、覇権主義に踊る今の支那の悔しさを思えば、執拗な、そこへの執着は、理解に難しくない。

ロシアにしたって、米国から北方領土を譲られ、ホクホクだった時期。

だとするなら、在日米軍の勲章、只の一度も外敵に機能していないのは納得で、

米軍による日本の防護壁は、逆説・万里の長城だったとも言える。


このことは、
1978年、自民政権下で行われた米軍基地で働く日本人給与の肩代わりをする「思いやり予算」に繋がっていく。

この年、米国は、ほぼ永久的に日本国内での武力蜂起の可能性が無くなったと踏み、米軍駐留を続ける大きな目的の一つを排除した。

そこで駐留軍の規模縮小が日本政府に伝えられ、腰を抜かした裸の王様、お山の大将らは、「思いやり予算」によって哀れな依存心を満たした、
のかも知れない。


この1978年は、憲法改正の機会として大きな意味を持つ。

というのも、
米国が最も警戒しただろう国内武力蜂起は、純正日本国憲法発布への二つとない国民的原動力になった筈だから。

つまり、
終戦の年、1945年から少なくとも33年間、米国は、自産・即席日本国憲法が日本国民によって一変する事態を前提にしていた可能性がある。

それは、また、
米国が、そこでの影響力を、絶えず、最大にするため、在日米軍を利用し続けた背景が見えてもくる。



なんと慎ましく、従順で、哀れで無知な日本の政体支持者らか?

一方で、
33年もの間、米軍が、世界屈指の腕力で真正・保守勢力の首を捩じ上げながら、準備万端、改憲へ挑んで来る政治家らを待ち構えていた筈の時代に、
それと決して向き合わず、取り組まず、挑みもせず、
国民を先導するどころか、常に欺き、安倍法制並みに、只管、逃げ道を探り、綺麗ごとを並べ、貴重な改憲機会を棒に振ってきた、
なんと、
卑猥で、卑賤で、卑小な政治家どもか?

それでも国家として日本が成り立つのは、皇室があるゆえ。
その下に今なお国体が生じるゆえ。

が、
幸か不幸か、日本の国体は、体系であって、政治家どもや、その支持者らと共に、米国へ負ぶさるための身体は無い。

そして、この政体が続く限り、70年先も改憲は起こらない。



何度でも書く。

安倍法制は、自ら進呈するだけの人質法制で、役立たずの欠陥法制だ。


国際貢献が目指すのは、均等関係。

金のばら撒きでは足りずに、人命をばら撒くための根拠たる安倍法制にあって、
更に、
どうして日本の侵略国、戦犯国の容認、従軍慰安婦への謝罪が必要とされるのか?

赤字国威もいいところだ。


また、
国防が目指すのは主権維持。

竹島奪還を忌避したままの軍事的在日米軍基地支援が、どうして主権維持に繋げられるのか?

そこで維持されるのは、日本の主権でなく、米国の日本支配権。

そこまで米国に依存し、支配されたいなら、他所でやれ、間抜けども!

スポンサーサイト
2015_02
19
(Thu)11:29

後藤氏の拘束動画を隠れ観て小5の11人が体調不良: カウンセラー要請へ

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150219-OYT1T50007.html?from=ytop_main6

ところ変われば…か。

65434443362412434.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=7w-USWw5cyY&oref=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D7w-USWw5cyY&has_verified=1
閲覧注意。
年齢制限あり。


ISISに虐待される、この幼子の意識を救済し得ると言うカウンセラーの存在は、当地に不明だ。
居るとすれば、宗教家か?
が、
この子の命が殊更危うい状況で、意識操作は、二の次、三の次。
そこで生き残っていられれば、むしろ、より人の痛みがわかるイスラム教徒になるだろうと思うのは、ガメチンだけか?


日本も嘗ては、そうだった。
親の目の前で幼子が死に、子供の目の前で、親や友達が死んでいった。
そんな中でも、カウンセラーなんていなかった。
殆ど宗教家さえも。

そうして、或は、それだからこそ日本は甦った。

にも拘らず、
甦った筈の日本は、救済をエサに暗躍し、背後で意識操作を謀った、まるでカウンセラー気取りの米国白人によって政治力を失わされ、それによって秩序が罅割れ、結果、倫理すら失い続けてる。

そんな時勢を、教室を戦場化させ、犠牲者を続出させる日教組部隊が担ぎ出す、特権を得、校内で大手を振って歩く医者気取りのスクールカウンセラー。

寝込むほどに気分を悪くする子は、良心が人一倍デカイからだ。

その子供らの意識を、せいぜい、連中は、
お気楽さだけが取り柄の、無神経な大衆主義者に塗り変える気だろうよ。

が、ガメチンは、カウンセラーが、しくじる方に懸ける。

少なくとも、11人の子供らは、人の痛みが分かる、日本社会を背負って立つ、立派な大人になり得る。



--------------------------------------------------------------------
2015_02
15
(Sun)19:36

真実なんて無用のお気楽大衆主義の象徴: ハチ公と博士の再会像

楽しければ、感動できれば、真実なんて要らない、、
偽善こそが日本の最高学府、大学の意識レベル…

http://www.en.a.u-tokyo.ac.jp/hachi_ueno_hp/hp/photo.htm
35657351516414251.jpg


渋谷駅の名物、忠犬ハチ公像。
飼い主の上野英三郎博士が亡くなった後、10年に渡って迎えのために駅へ通い続けた忠犬の、90年ぶりに「博士と再会を果たす」という像が、名古屋の彫刻家によって作られ、博士が勤めた東京大学農学部(旧東京帝国大学農科大学)キャンパスに設置されるという。

除幕式は3月8日。
参加自由。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/12/hachiko-the-faithful-dog_n_6667130.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001


悲劇を有りのままに受け止め、見守る。
そんな慎ましくも頑強で、節度正しい奥ゆかしさを作法として保つのは、今の日本じゃ、至難の業らしい。

ハチ公が表したのは、決して叶うことのない切望の哀れさだ。
見る側は、その痛みを共有することで他者の思いを自分に投影し、その理解へ努める。
人を思い遣るとは、そういうことだろ?

それを、90年後のお気楽大衆主義者が、我が勝手に、思いの哀れさを粉砕してどうする?

何でもマンガにしやがる。
恥知らずの出たがり、目立ちたがりが、簡略型の面白可笑しさ、安易な感動のバーゲンセールに夢中になる子供騙しの発想と、陳腐な想像力で、
真実は捻じ曲げられ、深層は無視される。

史実への妄想・お気楽的結論は、数十年後、史実を史実じゃ無くすんだよ。
それが糞のような大衆史観だ。


東京大学農学部がどれほどのデタラメを遣らかしてるか、分からせる方法がある。

3月8日以降、ハチ公と博士の「妄想・お気楽再会像」の周囲に、親に虐待され、子に虐待されて死んでいった子供や老父母の、何十、何百の悲痛な姿を銅像にしてキャンパスに設置し続けて行け。

お前らが多少でも真面なら、その途中で、ハチ公と博士の「妄想・お気楽再会像」を勝ち壊してるだろうさ。

目を覚ませ、あほんだら。

2015_02
07
(Sat)00:24

山本太郎参院議員がISIS非難決議採択を拒否して退席

http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015020600456&rel=top01
記事によれば、拒否理由は、
「事件の検証、イラク戦争の総括の文言が必要」とか。


日本人が、現状、唯一、人の力によって世界と肩を並べられる報道の現場で、非道なテロリズムに惨殺された後藤氏。

政治家が、彼に対して、真っ先に遣るべきは、12年前のイラク戦争の総括でなく、被害者の名誉を守り、弔意を公にすることで国威を守ること。

非難決議は、単なる取決めでなく、国家と国民間の絆を引き締め、それを世界へ示すこと。

山本にとって、議会は、屈折した私怨パフォーマンスの舞台以上の意味をもたない。
所詮、TVの延長。
せいぜい、ゴロツキ芸人が嘯く「嫌なら観なきゃ良い」程度の意識。

公人としての責務、国民への礼儀を蹴飛ばし、愚弄し、貶め続ける姿勢が公然と放置されてるのは、正に無駄行政の頂点、ムジナ国会を象徴してるよ。

山本は、自らこそを総括し、粛清し、せめて退散しろ。


もっとも、
同様に、被害者の名誉を守らず、国威を踏みつけたのが自民にもいたな。
保守の成り済まし。
結局、化けの皮は剥がれる。

並んで退散しろ。

2015_02
05
(Thu)22:29

映画が日本差別じゃないと言いながら、自分が「戦勝国代表」だと思ってるジョリー

「アンジー監督「日本人代表とはとらえていない」2015年02月03日 08時13分
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150203-OYT1T50014.html
映画「アンブロークン」の監督を務めた米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが読売新聞の書面インタビューに応じ、「これは反日(対日差別)的な映画ではない。許しの物語だ」などと制作の意図を語った。」


原作が描く理屈は、欧米のアジア侵略を肯定するもの。
それが今の時代に通用し、白人を喜ばせられるのは、欧米が戦争に勝ったからだ。

勝敗は最も単純な原理で、いくら穿ったって、そこに真相なんてない。
だから、
途方もない困難を経て、多大な犠牲を払ったなら払ったほど、勝利の美酒は美味い。

その味わいを、時折、白人が再確認したくなっても当然だろ?

もっとも、
たかがスクリーンに映し出されるスピーカーごとき、
金が余って使い道に困った程度の女優が、訳知り顔で自惚れ、知識人ぶり、映画監督を気取って、日本の侮蔑映画を「許しの物語」なんてホザけるのは、
「戦勝国代表」くらいに思い上がってる証拠だよ…


米国の合理主義には、度々感心させられる。
ISISへの空爆も、その1つ。

最近、高村正彦の放言で、日本の多重・無駄行政の頂点、小選挙区上がりの国会議員らの無責任な理由が分かったような気がした。
連中は、勇気を知らない。

だから、
後藤氏の勇気を感じ、認め得ない。

自民で言うなら、
米国の資本主義が杖とする保護主義を、戦後70年間、「保守」と偽り、摩り替えてきた党の後遺症っていう病だ。

それでも、いつか、
日本の小選挙区が崩壊し、国会のお山の大将、田舎っぺ大将議員が駆逐され、その勇気が見直され、合理主義が研究し直された後、
次の戦争では、
有色人種が白人種に勝つかもしれない。

勝敗は単純な原理だから。

その数十年後、
日本の成金・小娘アイドルが、「白人を許す物語」と称した、白人侮蔑映画を作ったなら、おっちゃん、喜んで観る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。